キヨク・タダシキ香港的日本語教師ライフ之ススメ

貧乏暇ナシを地で行く自転車操業の毎日ですが、学生の何気ない一言にホロリとしたり、目から鱗がポロリと落ちたり、言い間違いや書き間違いに癒されつつ、充実した楽しい毎日を過ごしています。
Posted by ズキ   0 comments   0 trackback

多言語対話型評価(旧OBCテスト、B-DRA)

今回の里帰りの目的は大阪で開催された多言語対話型評価法のワークショップに出席するためでした。
要は対話を通して会話力と読書力を評価するためのツールの使い方を学ぶワークショップです。
ちなみにこの評価法ですが以前はOBC、B-DRAと別々の名前で呼ばれていたものを、
現在は「多言語対話型評価」として、1セットにまとめたようです。
OBC=Oral Proficiency Assessment for Bilingual Children
B-DRA=Developmental Reading Assessment for Bilingual
簡単に言うとOPIの子どもバージョンのようなものです。

そしてOPIと全く異なるのは、この評価はバイリンガルの子ども、
特にマイノリティ言語を母語とする児童に対して行う評価で
一言語(教科言語)の能力だけを評価するのでなく、
二言語(教科言語・母語/継承語)の能力を測ろうとするものだという点でしょう。

またOPIと大きく異なる点がもう一つあります。
OPIは「導入・レベルチェック・突き上げ・終結」の流れで構成されており、
被験者の言語力を測るために、ある意味、被験者の自信がボロボロと崩れるまで
徹底した「突き上げ」を行いますが、
この評価では被験者を褒め、自信をつかせ、持つ力を存分に発揮させることを目的としているのです。

ワークショップに参加していて思ったのですが、
対話型読書力評価の手法はそのまま学校の授業にも応用可です。
・・・というか一部すでにやっていることだったりします。
日本語での会話に自信が持てない学習者に対して、
褒めながら、ヒントを与えながら、自分に自信を持たせるという授業のやり方をしている方は
少なくないと思います。
・・・ま、時間の関係上、何分も何分も根気強く長い間学習者からの回答を待つわけには行きませんが。

色々と目から鱗のワークショップで、中でも一番興味深かったのは
学校言語(教科言語)を伸ばすには家庭言語(母語・継承語)を伸ばすことが必要という件。
学校側としては早く他の児童と足並みをそろえるために教科で用いる言語を
家庭側も一日も早く現地に融合してもらいたいという思いから学校で使われている言語を
それぞれの思惑でバイリンガルである(はずの)子どもに習得を促す傾向にありますが
母語・継承語を疎かにすることで、学校言語の習得も伸び悩むというのは
初めて聞いた話で、非常に興味深いと思いました。

この母語が大切だという考え方ですが、
香港では数年前から「もっと母語に目を向けよう!」キャンペーン(笑 が始まっている。
元々イギリスの植民地だった香港には、英語ができてなんぼのもん!という考えが根強く残っており
いわゆる名門校では全て英語で授業が行われています。
そして名門校に入るためにありとあらゆる工夫をするので傍から見ていると非常に面白いのですが
ま、この話はいずれまた別ブログで取り扱うことにしましょうか。

それにしても香港でいきなり「母語(普通語)教育」や中文中学校の構想が出てきたのは
もしかしたら教育省の誰かがこのようなことを学んで来たからなのかもしれません。

それにしてもきちんとしたデータも出さずに推進したせいで
これは中国共産党への歩み寄りか!!??と勘ぐられ、
香港中の保護者から総スカンを食らう羽目になるのが香港の面白いところです。

話を戻しますが、トロント大学の名誉教授をされている中島和子先生を中心に、
現在も色々な先生方が協力して日本語・英語・中国語バージョンを開発中のこの評価。
いつかぜひ、香港にもたくさんいる日本語を継承語とする児童を相手に行ってみたいと思っています。

おみやげでもらった
「多文化共生の日本語教育 日本語教室でできる母語の保持と伸長」
の内容も大変興味深いもので、そのままこちらでも応用できそうでした。

「香港から参加した」というと驚かれましたが、非常に実のあるワークショップでした。
Posted by ズキ   0 comments   0 trackback

日本へ行くぞー

本日から日本にちょいと行って来まーす。

今回は午後の飛行機ということもあり、荷物のパッキングを始めたのは当日。
ちなみに東京から大阪行きの高速バス代決済完了も今日。
大阪から埼玉への高速バス予約完了も今日。
大阪のホテル予約は一昨日完了ー。
明日から日本だというのにこのザマ。早くがけっぷち人生から卒業したい…。

自分の物は着替えとPCぐらいなのですが、お土産が多いから重いわ嵩張るわで大変です。
飛行機で預ける荷物のサイズの制限が昔より新しく+厳しくなって、
今はエコノミーだと23kgのものを二つまで預けることができるようになったので
今回は仕方なく中型サイズのスーツケースをゴロゴロと、
2個もお供に引き連れていくことになってしまいました。

今まではでっかいサイズのもの(下手すると40kgとかの重さになることも・・・)を
どっこいしょ!と持ち上げたりゴロゴロ移動させていたりしていたのですが
確かに皆が皆重いスーツケースばかり使っていたら、
カウンターや荷物の積み下ろし業務に関わる人が腰を痛めちゃいますからねぇ。

荷物のパッキングを終えてから悠々と部屋の掃除・洗濯物を済ませて出発!
それにしても日本の天気がどんなことになっているのか、皆目見当がつきません。
天気予報の気温のところを見たけどよくわからないし。
日本の皆様は一体どのような服装で街を闊歩しているのでしょうか・・・。
香港の15度とかっていうと、湿気が高いせいか、とてつもなく寒く感じるのですが、
日本の15度とかって確か結構あったかく感じるんですよねぇ。

さあて、待ってろよ、たこ焼き‼
Posted by ズキ   0 comments   0 trackback

書きまつがい

今日の単語テストより。

問題「電車の窓から(   )いけません。」
回答「電車の窓から(首を入れては)いけません。」

・・・うん、確かに首を入れたら皆びっくりするから止めといた方がいいね。
それにしても首を入れるのが走行中なのか停止中なのかでホラー度がかなり違ってくる。
Posted by ズキ   0 comments   0 trackback

3月11日に思うこと

あれから一年。
まだ一年。
忘れない。
遠く離れていても、ずっと忘れない。
あの日、祈る以外に何もできなかった。
一年を経た今、自分にできることはまだまだある。

振り返る

思いを馳せる

考える

(自分にはまだやれることがある)

実行する


《香港の311》
在香港日本国総領事館主催「東日本大震災復興写真展」
期間:3月9日(金)~14日(水)
09:00~20:00
場所:Exchange Square / 交易廣場(8 Connaught Place, Central, Hong Kong)

「日本ALIVE!笑顏重現」写真展
3月20日まで毎日12時~22時
場所:荷里活廣場(プラザハリウッド)一樓展覽長廊(一階ギャラリー)にて

「日本311大地震一週年放晴行動暨十大傑出義工嘉許禮」
日期:2012/3/11時間:13:00-14:30 
地點:鑽石山荷里活廣場一樓明星廣場 
主催:災後心理輔導學會

Joint Charity Concert 
香港インターナショナルスクールと日本人小学校のジョイントコンサート 
詳細は以下のリンクから
http://t.co/HexZj6ld

Step 2000 for Tohoku 2012
3月11日にチャリティーウォーク実施 
詳細は以下のリンクから http://t.co/wnqmRaQh
Posted by ズキ   0 comments   0 trackback

3月に思うこと

2011年から
3月という月は

自分に何ができるかなぁと考える月、

思いを馳せる月、

行動する月、

になった。
Posted by ズキ   0 comments   0 trackback

親のかかわり、子どもの成長

Twitterで見かけたつぶやき。

「ダメな子はいない、しかしダメな育て方はある。」

「中学生までに『吸収力の高い脳作り』、『遊び学習』、『秩序形成』の3つを念頭に置いて、『脳教育』をする」

「親が変われば子どもも変わるのです」

吸収力の高い脳作りをするにはどうしたらいいのか。
詰め込み式の教育でないことだけは確かだが
ここ香港ではまだまだ
「詰め込めるだけ詰め込んだもの勝ち!」
という考え方をする親や教育機関が多い。